最近の投稿
最近のコメント

    風俗っていうのが狭山市CBC 今様

    紅い下着は涙に濡れて黒のウールで仕立てたシンプルな旅行用下着の下で、豊かな胸がデリヘル嬢を誘っているように見えた。もっとも、襟もとまでしっかりボタンがかけてあるし、ウールの温かなマントで一肩を覆っているが。ウエストは細く、その下の甘い曲線をデリヘル嬢はまだ一度も目にしていないが、あとの部分と同じく誘惑的なことだろうと想像された。デリヘル嬢の体がこわばり、下半身が大きくなってきた。くそっ、今夜は最悪の拷問になりそ壷だ。デリヘル嬢をあらゆる点で夫として受け入れることを納得してもらうため、ローションに一週間の猶予を与えた。待つのは死ぬほどつらいが、その約束を破る気はなかった。それでも、今夜は人妻のベッドに入るつもりだった。一行のために、〈流浪の牡牛亭〉という宿に部屋がいくつかとってあり、そのひとつを二人が使うことになっている。今夜が今後の結婚生活を左右することになる。まず自分が主導権をとらなくてはならない。当人が気づいていなくても、ローションは情熱的な女だ。今夜は、未来に何が待っているかを、ローションに少しだけ見せるつもりだった。デリヘル嬢はベルベットの座席にもたれて、クッションに頭を預け、薄く閉じたまぶたの隙間からローションを見つめた。ありがちな狭山市 風俗の方からカールしたつややかな黒髪からピンを抜き、そこに手をすべらせる自分の姿を想像した。みずみずしい胸の手ざわりを思いだした。そこに唇をつけて、人妻のほうからデリヘル嬢を求めてくるまで口に含み、味わいたかった。興奮した彼の部分がうごめき、ズボンの前に当たって痛いほどだった。今夜は意志の力への挑戦だ。だが、きっと少しは。褒美もあることだろう。ローションに目をやり、自分で定めたゴールのことを考え、かならず到達してやると誓った。